英会話

日常生活で使う大切な英会話力を大阪のイベントで学ぶ

英会話の身につけ方

講義中

私は学生の頃から英語は好きだったので、洋画や、洋楽をよく聴いていました。大学の頃は短期留学もしましたが、中途半端なまま就職して今に至ります。あの時こうしておけば良かった…というアドバイスとしては、とにかくボリュームも増やすことです。ヒアリングのボリュームを増やせば次第に耳が慣れてくるというのは、頭では分かっていてもなかなか実践するのは難しいと思います。耳が慣れてくると今まで聞こえてこなかった単語が少しずつ聞こえてくるようになってきます。何も喋れない赤ちゃんが徐々に会話できるようになるのも同じことだと思います。
家で実践するのはそれぐらいで、あとは、高いスクールに行くのではなく、私は教会で宣教師の方に英会話を教わっていました。最後の10分は聖書を読まなければいけなくて、それが毎回苦痛でしたが、今となればただ、英会話を学ぶだけでなくキリスト教圏の人々のバックグランドとなる考え方や、価値観なども勉強できたのだと思いとても良い経験になったと感じました。
外国語を勉強するというのは、その国の文化を知るということ、人々の考え方を理解するということに繋がるのだと今になって気付きました。そのような点からも、英会話ができる人というだけでなく、英語を使って何を発するか、どれだけ自分を表現できるかが大事なのだと思いました。

笑顔の女性

英会話は日本語に翻訳せず理解しましょう

英会話の勉強を考えると、特に勉強を始めた人の場合、日本語に翻訳する勉強に、多くの時間を割くことが多いように思えます。例えば、会話の中の英単語の日本語訳を、脳の中のデータベースから探し出し、そして…

くわしく読む
考え事をしている女性

使える英会話力を習得するコツ

長い期間英語を学んでいるのに、なかなか実際に使える「英会話力」が身につかないと悩む方は少なくないと思います。「使える英会話」を身につける為のコツは、大きく2つあります。それは、「目標を具体的にす…

くわしく読む

新着情報

TOP